めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

亜鉛めっき加工処理をねじ類に処理すると打痕が出来る。

鋼製のボルト、ナット類にバレルを使用して亜鉛めっき加工処理を
お願いしているのですが、めっき前にゲージの通ったものが
めっき後に通らなくなることが良く発生してます。

めっき厚さが厚すぎたのかと思い、めっき業者様に剥離を
お願いし測定をしたのですが、やはりゲージが通りません。

ねじが膨張を起こすのでしょうか?

何か知見がありましたらお教えくださいませ。

以下は文献からの抜粋になります。

めっき中やめっきの剥離によって素材が膨張することは
考えられません。

恐らくねじの打痕が原因と考えられます。
めっき中には処理液に緩衝作用がありますし、亜鉛も軟らかい
ので、ねじが損傷することは殆どありませんが、バレルに
製品を投入する時や取り出す時、遠心乾燥機などの際の打撃
が原因になりますから、取り扱いに十分注意してもらう
必要がございます。(めっき業者様に)

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP