めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理の腐食とは。

低炭素シリンダーの内部に厚さ25〜50μm厚の硬質クロムめっき加工処理
をしております。

シリンダーは常時、炭化水素の種々の液体に暴露されたり、また
長時間水の中に入ったものもあります。

この状態でクロムめっきの下から、斑点状の錆びを生じ、クロムめっき層
を持ち上げて不良になっております。

良好なクロムめっき層を得る方法はないでしょうか?

以下、文献からの抜粋になります。

硬質クロムめっきには、常にクラックが入っているので
表面をある種の封孔剤で注入しない限り、水の浸透と下地鋼
の腐食には耐えられません。

従来の方法は、めっき前に逆エッチングすることですが
これおは耐食性とは関係ありません。

クラック防止として、めっき前やめっき直後にナシジ処理
をする方法もございます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP