めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理皮膜の耐食性について。

硬質クロムめっきしたロールで使用中に下地の鉄素材から
錆びが発生し、クレームになりました。

めっきの仕様は、厚み50μm、下地を液体ホーニングで粗し
その上に硬質クロムめっき加工処理をしています。

また、製品の使用状態は、やや湿気のある環境です。

何か知見がございましたらお教え下さいませ。

以下、文献からの抜粋です。

多分このめっき厚さでは、めっき層が薄すぎるためと思われます。
よって、めっき厚さを厚くすることで解決出来ると思われます。

一般に硬質クロムめっきで、素地を防錆出来るためには、めっき層
にクラックが生じてもそれが素地まで貫通しないような厚さにめっき
することが必要です。

めっきしたままの状態で最低でも50μm厚、安全のためには100μm厚
が必要です。

それと同時に密着の悪いめっきは耐食性も劣りますから、良い密着
のめっきすることが非常に大切です。


上記の内容とは、異なりますが弊社の見解ですとめっき厚を
耐摩耗性が関連している可能性がございますので、めっき後に
どれくらいの面粗さが必要でそれを維持出来ているのかが大切
であるとも思えます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP