めっきQ&A


ニッケルめっきが保管後、無光沢になった場合の対処法

ニッケルめっき後、保管している間に無光沢になって
酸化されたような外観になりました。

ニッケルめっきは酸化されると思うのですが、これを防ぐ
には最低どの程度のめっき厚さを必要とするのでしょうか?


以下、文献からの抜粋になります。

ニッケルが酸化して無光沢になるのは普通に起こることで、
このために装飾用めっきではニッケル上にクロムめっきを
します。

素地金属がニッケルめっきを通して変色するのであれば
ニッケルめっきは厚い方が良いですが、変色がニッケル自身の
場合であればめっき厚さを増しても同じことになります。

ニッケルめっきの外観寿命を長くするには、完全に乾燥して
プラスチック袋の中に湿気の低い状態で保管しなければ
なりません。

ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP