めっきQ&A


電子部品用の軟鋼容器にはんだ付けが出来るめっきを採用したいが、無電解ニッケルめっきが最適なのか?

電子業界では一般に嫌がられている酸性型のはんだ付け用
フラックスを使用するのであれば、無電解ニッケルめっきで
目的にかないます。

もし非腐食性のフラックスを使用するのであれば、亜鉛めっき
あるいは、ずずめっきに限定され、これらはすべて電気めっきを
必要とします。

亜鉛めっきのページはこちらから
無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP