めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

ニッケルめっきと装飾クロムめっきの耐熱性について。

熱の掛かる部品にめっきで耐熱性を持たせたいと
思っております。

素材は鉄です。

ニッケルめっき加工処理と装飾クロムめっき加工処理の
耐熱性を知りたいのです。

一般的な内容で結構でございますのでお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

ニッケルめっき加工処理と装飾クロムめっき加工処理ですと、
400℃付近までは耐熱性がございます。
それ以上の温度ですと、剥離する可能性が出て来ます。

素材が変形しない温度が耐熱性とも言えます。

以下、文献からの抜粋です。

耐熱性とは、高温下でも物性が変化しない性質のことをいう。
概してめっきは、金属めっきである以上、高温下に長く置かれた
場合に酸化や変色は避けられない。

但し、温度条件など使用環境によっては、充分に使用に耐え得る
めっきがあり、耐熱性目的に使用されている。

耐熱性のあるめっき法とは、融点が高く、酸化反応が遅い
性質の金属めっきが適している。
従って、実用金属としては、融点の高い金属として、タングステン、
タンタル、モリブデン、白金、ロジウム、ルテニウムなど色々
ある。

得てして高融点金属の湿式めっきは不可能又は難しく完成されて
いない。

従ってめっきできる金属で融点の比較的高い一般的なニッケルめっき
クロムめっき、銅めっき、及びニッケル系合金めっきが利用されて
いる。

参考文献 表面処理対策Q&A1000 産業技術サービスセンター

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP