めっきQ&A


A5052に溶接した製品にアルマイトしたい場合の注意点は?

可能であれば同じような材質にて溶接をしてください。

また、溶接ビードが付着しないように溶接されること
が望ましいです。

溶接部は、アルマイト後に白っぽくなりますので処理前に
その部分をスコッチなどで擦る作業が必要になります。

アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP