めっきQ&A


ニッケルめっき加工処理後のクロム酸処理について。

ニッケルめっき加工処理後にクロム酸処理をする聴いた
ことがあるのですが、何故そのような処理をするので
しょうか?

クロム酸は六価クロムを使用するのでしょうか?
それとも、亜鉛めっき加工処理後のクロメート処理の
ような専用の処理液に浸漬するのでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


一般的な電気ニッケルめっきのみですと処理後
ご使用の環境によっては変色する可能性がございます。

これを防止するために、ニッケルめっき加工処理後に
クロム酸処理をすることがございます。

目的は、変色防止、耐食性、導通性の向上となります。

通常は六価クロムを使用したものを使用しますが
最近ですと、RoHS指令に抵触しない六価クロムを
使用しない変色防止剤を使用する場合が多いです。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP