めっきQ&A


●リン酸亜鉛皮膜処理とは。

リン酸亜鉛皮膜処理とは、どのような処理でしょうか?

一般的には鉄鋼へののリン酸塩処理法の一つで、
リン酸亜鉛を含む約60℃の溶液に鉄鋼浸して、
表面に微細なリン酸亜鉛皮膜を得る処理方法をいいます。

防錆、塗装の下地処理、加工用材料の前処理など
に使われております。

また、アルミニウムに処理する場合もございます。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP