めっきQ&A


クロムメッキに水滴のような模様が発生する原因は?

車の窓枠に使われている金属部分でクロムメッキ
がしてある部分に白っぽく水滴の後のような模様が発生してます。

拭いてもとれないので、何かが上からついたというよりも
金属自体が大気中の窒素酸化物や硫化物と反応してできた
のではないかと考えていますが、どのような現象なのでしょうか?


大気腐食というのがございまして、大気環境下で水と
酸素の存在のもとに、電気化学反応により金属材料
(めっき皮膜)が腐食する現象を差します。

大気環境に曝された金属材料は、その種類及び曝される
環境によって腐食程度に大小の差はありますが、大気腐
食の影響を受けます。

大気環境での金属腐食は、その表面に液体の水が存在す
ることにより発生します。
簡単に言えば、電池作用により腐食が発生するのです。

大気腐食には、
1.乾き大気腐食
腐食速度は、きわめて小さい。
2.湿り大気腐食
湿度が影響します。肉眼では見えない連続した薄い
  水膜が表面にある場合に発生します。
3.ぬれ大気腐食
肉眼で見える連続した水膜が存在するときの大気腐
  食です。

白っぽい水滴の後のような模様は「錆び」だと考えられ、
上記の大気腐食が原因により発生したと思われます。

クロムメッキのページはこちらか
お問合せのページはこちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP