めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

アルマイト処理に関するお問合せ

A5052の溶接構造のブラケットをアルマイト処理したら黒く変色する。

A5052の溶接構造のブラケットをアルマイト処理
したところ、溶接ビードの一部が黒く変色しました。

剥離後、再処理してみたのですが同じ結果です。
考えられる原因と、アルマイト処理の前処理等での
対処法がありましたら教えて頂けませんか。

今、弊社にて考えているのば熔接ビードの部分を擦って
再処理を依頼してみようと考えております。

以上、宜しくお願い申し上げます。

溶接の影響でアルミニウム表面が「改質」された
可能性がございます。

また、溶接ビードは、素材と同じ材質にて処理される
ことが望ましいです。
材質が異なる影響も考えられます。

対策としましては、全体的に物理的、化学的にエッチング
処理されてからアルマイト処理されるのが望ましいです。

物理的・・・ナシジ処理になります。
化学的・・・溶剤を使用してエッチングを実施します。

また、溶接部を擦るという方法も効果が見込める可能性が
ありますので、上記を含めた工程を複合して再処理を
依頼されるのが宜しいかもしれません。

★アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP