めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルマイト加工処理の耐アルカリ性とは。

アルマイト加工処理の耐アルカリ性について教えて頂きたい
のですが、現在、アルマイト加工処理後にアルカリ性の溶剤
の雰囲気で使用することを考えております。

アルマイト加工処理にて検討しているのは耐食性とコスト的
な面で選択をしようと思っております。

アルカリ性では、腐食するのでしょうか?

アルマイト加工処理では腐食をしてしまいます。
腐食というより皮膜が溶解してしまいます。

アルマイト皮膜を剥離するときなどは、アルカリ性の
溶剤にて剥離をさせます。

水でもpHが「アルカリ」の方に傾きますと、腐食
いたします。

他の方法ですが耐アルカリ性のある、めっき加工処理
をされることをお奨めいたします。
 
 1.無電解ニッケルめっき加工処理
 2.ニッケルめっき加工処理

などが宜しいかと思います。

★アルマイト処理加工のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP