めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

アルマイト処理に関するお問合せ

★アルマイト処理の耐アルカリ性とは。

アルマイト処理の耐アルカリ性について教えて頂きたい
のですが、現在、アルマイト処理後にアルカリ性の溶剤
の雰囲気で使用することを考えております。

アルマイト処理にて検討しているのは耐食性とコスト的
な面で選択をしようと思っております。

アルカリ性では、腐食するのでしょうか?

アルマイト処理では腐食をしてしまいます。
腐食というより皮膜が溶解してしまいます。

アルマイト皮膜を剥離するときなどは、アルカリ性の
溶剤にて剥離をさせます。

水でもpHが「アルカリ」の方に傾きますと、腐食
いたします。

他の方法ですが耐アルカリ性のある、めっき加工処理
をされることをお奨めいたします。
 
 1.無電解ニッケルめっき処理
 2.ニッケルめっき処理

などが宜しいかと思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★ニッケルめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP