めっきQ&A


アルマイトに熱を加えるとクラックが入るが絶縁破壊電圧は変化しないのか?

アルマイト皮膜はアルミニウムに比べ熱膨張係数が約1/5程
となるため、加熱をすることによってクラックが発生致します。

ただ、クラックが生じることによって絶縁性にどの程度影響を
及ぼすのかということについては残念ながら明確なご回答が出来ません。

以下、アルマイトに関する文献から抜粋したものです。
皮膜の厚さと封孔処理の有無による絶縁破壊電圧を示して
います。

材質:A1050  封孔:沸騰水30分  単位:V

    封孔有  未封孔
10μm  464    454
25μm  1832   1556
50μm  3362   2294
80μm  3742   2540

このデータによりますと、全体的に封孔処理を行ってい
る皮膜の方が絶縁性は高いようです。

ご参考になるか分かりませんが、何卒宜しくお願い致します。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP