めっきQ&A


アルマイト処理皮膜の剥離すると製品が小さくなる。

アルマイト処理皮膜の剥離をメーカーにて実施したのですが
製品が小さくなってしまいました。

精度がある製品でございまして、剥離することにより
製品として成り立たなくなってしまいました。

再度、アルマイト処理を行って精度を維持をすることは可能でしょうか?

アルマイト皮膜は、含浸処理でございますので、剥離する
ことにより処理した膜厚の約半分が溶解されます。

その影響で、製品が小さくなってしまい精度を維持する
ことが出来なくなってしまいます。

剥離は、溶剤を使用して行います。

図面と現状の状態を確認させて頂き、再処理にて精度内
に入れることができるかどうかを検討することは
出来ます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


★アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP