めっきQ&A


A2017への白アルマイト処理の色のばらつきとは。

材質はA2017なのですが同一ロットの材料6ヶを
同一業者にて白アルマイト処理をしたところ3ヶは白色、
3ヶは黒っぽい灰色に仕上がり、色のばらつきがでました。

製品としては、白色を希望しておりました。

黒っぽい灰色に仕上がった業者に確認しましたところ
原因は材料にあるとのことですが、他社では
問題なく出来ていることを考えますと材料が悪いと
いう要因は関係ないと思っております。

可能性として考えられるのは、 
 
 1.膜厚が異なる。
 2.電流が適正に流れなかった。
 3.前処理が適正ではなかった。
 4.ロットの材料成分のばらつき
 5.A2017に白アルマイト処理をする設備を
   保有していない。

などが考えられます。

黒っぽい灰色ですが製品を手でこすってみて
手に黒いもの(灰色)がつきませんでしょうか?

また、テスターをあててみて通電するようであれば
良好なアルマイト処理が出来ていないと判断出来ます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP