めっきQ&A


黒皮皮膜付き7000系のアルマイト処理について。

黒皮皮膜が付いている7000番台のアルミ(生材)を
アルマイト処理すると必ずムラがでます。

アルマイト処理前に黒皮皮膜を除去する方法はある
のでしょうか。

他のアルマイト処理業者に相談をしましたが
材質的な問題で解決策は無いという回答でございました。

処理前に出来ることとすれば...

 1.ケミカル的にエッチングする。
 2.物理的(ナシジなど)にエッチングする。

ケミカル的な方法は、溶剤に製品を浸漬してエッチング
処理を行います。

上記の方法が考えられますが、それでもムラはおさまらない
かもしれません。
機械加工が出来れば一番いいと思うのですが。

上記の手法は、あくまでも「ごまかす」という手法に
なりますのでご検討くださいませ。

一度、試作処理をされてご評価頂ければと思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP