めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

アルマイト処理に関するお問合せ

ネジ溝へのアルマイト処理が形成されない。

アルミ板(材質A5052P、寸法B4程度、厚さ3mm)にM8の
ネジ溝加工後、アルマイト処理していますが、ネジ
溝部分にアルマイト皮膜がうまく形成されません。

処理メーカいわく、ネジ溝のヒダに微小気泡が付着して
アルマイトがのらないとのことです。本当に原因がそう
なのか、また何か対策はあるのか、教えてください。

その業者様の仰られている事柄は原因としてあると思
います。
エアポケットが生じてしまい、電解液と触れない箇所が
生じる場合です。

その他には、内径の場合、前処理(脱脂・表面粗化な
ど)が不十分(効果の検証が目視で判断出来ない)とい
うことも考えられます。

他者様での処理ですので、冶具の形状・処理時の製品の
向き、含めてどこに問題があるかは弊社で判断すること
ができません。申し訳ございません。

> また何か対策はあるのか、教えてください。

処理をされた業者様に見解を求められた方がいいと思います。
対策としてはノウハウに関連してまいります。
ただ、製品の形状的にこれは弊社でも避けられない事象
であると考えます。

弊社の場合、ネジ穴内径にも皮膜が必要な製品ですと
無電解ニッケルめっき処理などをご提案させて頂く事になる
と思います。(気泡の付着を防止する工夫は必要ですが)

以上、明快なお返事が出来ず恐縮ですが
上記宜しくお願い申し上げます。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP