めっきQ&A


ヘアライン後にアルマイト処理は、できますか?

素材のA5052にヘアラインを行い、その後アルマイト処理
することは出来ますか?

ヘアラインを行う理由は、製品の付加価値を高めることと
他の製品との外観相性として考えております。

近くの業者ですと、ヘアラインはヘアラインの業者。
アルマイト処理はそれのみ業者となってしまい、
問題が発生した場合に、それぞれの企業が責任問題が
明確になりません。

よって御社のようにどちらも処理されている業者様
にご相談をさせて頂きました。


課題として、どのようなヘアラインをご希望しているのか
ということがございます。

御社にて見本等をお送り頂き、それを拝見してから、どのように
ヘアラインをつけるかの検討が必要になります。

ヘアラインは考えているよりも弊社のようなバフ研磨を実施
している業者でも難しいないようになりますので、御社にて
処理されるか、ヘアライン専門の業者様にご依頼されること
も大事かと思います。

弊社でもヘアラインの設備を購入すればご希望に添えると
思いますが、初期のコストが発生してしまいますので
ご検討くださいませ。

★アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP