めっきQ&A


着色硬質アルマイトの耐アルカリ性を向上させたい

着色硬質アルマイトを他社にて実施している製品があるの
ですが、使用前に薬品洗浄を実施する必要がございます。

この薬品を使用しますとしばらくするとアルマイト皮膜が
剥げてしまいます。

何か他のめっき方法で対策は出来ませんでしょうか?

使用環境は、アルカリ性で常温の雰囲気で使用しております。
剥げている状態は、黒色を処理しているのですが、その
黒色も下地のアルマイト皮膜も溶解している感じでございます。

着色にはこだわりませんので一般的な内容で結構ですので
お教えくださいませ。

ご使用になられている環境がアルカリ性でございますので
アルマイト皮膜は溶解してしまいます。

絶縁性は必要でしょうか?

必要でないのであれば、アルカリ性に耐えうるめっきに
変更されるのが宜しいかと思います。

1.ニッケルめっき
2.無電解ニッケルめっき

などで問題ないと思います。

お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP