めっきQ&A


アルミニウムダイカストに硫酸陽極酸化法にて酸化皮膜をつけたい

アルミニウムダイカストに硫酸陽極酸化法にて
酸化被膜をつけたいのですが、どうしても膜厚を
上げると機械加工面の面粗さが悪くなってしまいます。

なにか良い方法は無い物でしょうか。

ちなみに希望膜厚は2~4μmで面荒さは3.2z以下です。

また、現在のアルマイト処理業者様にお聴きしたのですが、
一般的にダイカストへ処理されることが無いらしいです。


求めている面粗さを考慮して下記の工程を検討する
ことが必要かと思います。

1.機械加工で必要な面粗さよりも細か面粗さに仕上げる
2.梨地処理を実施してからアルマイトを実施する
3.エッチング時間を短くする

弊社におきましてもダイカストへのアルマイトは
成功している事例が少ないので試作処理をご検討
ください。

また、酸化被膜皮膜をつけられる理由も重ねてお教え
くださいませ。

アルマイトのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP