めっきQ&A


アルマイトの熱特性について

アルマイト皮膜は、温度を上げますと約100~130℃
にてクラック(ひび)が発生します。
これは、アルマイト皮膜の特性でございます。

さらに温度を上昇させますと660℃付近で素地の
アルミニウムが溶解してしまいます。

皮膜の熱伝導率は、温度によっても異なりますが
素地のアルミニウムの1/10程度でございます。

アルマイト皮膜の剥離温度ですが、素材のアルミニウム
に歪み等が発生し、アルマイト皮膜が追従出来ない場合
に剥離をいたします。
この温度が剥離耐熱温度と考えております。

アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP