めっきQ&A


A1050とA1N30ではアルマイトの仕上がりは異なるのか?

A1050とA1N30の素材成分の中で大きく違うのは
Si、Feの成分です。

この割合で 若干A1N30の方が仕上がり状態が粗になる
かもしれません。

A1050の方が良好なアルマイト層が生成出来ると思われ
ます。

A5000系と処理方法は異なりますが、皮膜特性はA1000系
の方が綺麗な皮膜が生成出来ますので耐食性などでも
良好であると考えられます。

比較試験をされるのが宜しいかと思います。

アルマイトのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP