めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルマイト加工処理の処理性について。

アルマイト加工処理の処理性についてですが、
アルミ材質の影響、不純物元素の影響について教えてください。

特に、A1000系の中でもA1050とA1N30でアルマイト処理性等
が違ってくると聞いたことがあるのですがいかがでしょうか?

材質の影響でどのようなものが影響を大きく与えるの
でしょうか?
上記の材質を使用した場合、A5000系などのアルマイト加工処理
を行った場合では、処理方法に違いはございますでしょうか?


A1050とA1N30の素材成分の中で大きく違うのは
Si、Feの成分です。

この割合で 若干A1N30の方が仕上がり状態が粗になる
かもしれません。

A1050の方が良好なアルマイト層が生成出来ると思われ
ます。

A5000系と処理方法は異なりますが、皮膜特性はA1000系
の方が綺麗な皮膜が生成出来ますので耐食性などでも
良好であると考えられます。

比較試験をされるのが宜しいかと思います。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP