めっきQ&A


アルマイトと硬質アルマイトの耐食性の違い

アルマイトと硬質アルマイト皮膜で耐食性に優劣が
あるのでしょうか?

母材・封孔処理内容は同じです。

アルマイト膜厚10μm。
硬質アルマイト処理とは、膜厚30μmをイメージしています。

どちらを選択するかで迷っております。

ご使用環境をお教えください。
どのような条件なのでしょうか?

アルマイトと硬質アルマイ皮膜とも膜厚が厚い方が
耐食性は良くなる傾向にございます。

硫酸浴を使用している場合は、しゅう酸浴に変更することで
耐食性は上がります。

アルマイトのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP