めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ナシジ加工処理に関するお問合せ

ナシジ加工処理後の不動態化処理皮膜とは。

鋳造後のステンレス鋼に不動態化処理(QQ-P-35)
を施し、その上から塗装した部品を使用していますが、
部品の再塗装時にナシジ加工処理を使用して旧塗装を剥離
した場合、不動態化処理により形成された酸化皮膜も同時
に剥離すると考え、再度不動態化処理を行ったほうがよい
のでしょうか。

酸化皮膜は、無くなっていると思います。
再度処理を実施するかどうかの判断は、当社では判断
出来ませんが厳密には、再処理を実施した方が無難
(設計者の意図を反映すると)だと思います。

コスト的な面などを考慮して御社でご判断された方が
宜しいかと思います。


★ナシジ加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP