めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

電解・無電解ニッケルメッキ厚精度と光沢につきまして。

真鍮あるいはリン青銅の小物部品にニッケルメッキを
施す自社製品について、検討しております。

電解ニッケルメッキ、無電解ニッケルメッキについて
以下の点についてコメントいただければありがたいです。

・メッキ厚精度
・光沢の程度
・真鍮、リン青銅への適応可否について(無電解に関して)

今、取引しているメッキ業者は電解メッキの精度につい
て±2μmは見ておいてほしいとのことですが、
完成品の包装する時、重量による個数測定をしますので、
メッキ厚がこれだけばらつきますと、個数精度が確保でき
ません。

無電解にした場合、厚み精度はよくなると知りました
が、どの程度の精度なのでしょうか?
また、光沢はかなり無くなるのでしょうか?

不躾ではございますが、よろしくお願いいたします。

まず、大きさが関連してまいります。
特に「電解ニッケルめっき加工処理」の場合には、通電
させますので特殊な専用治具を制作しないと精度維持は
困難でございます。

無電解ニッケルめっき加工処理の場合でも、ダイレクト
に処理は出来ませんので一度、ニッケルストライクとい
う処理(電気めっき)をしてからの処理になります。

どちらも同じなのですが、どの程度の膜厚を要求するか
によって変化いたします。

しかし、精度維持であれば、無電解ニッケルめっきが
宜しいかと思います。

> ・光沢の程度

電気ニッケルが圧倒的に光沢があります。

> ・真鍮、リン青銅への適応可否について(無電解に関して)

ニッケルストライクという処理(電気めっき)をすれ
ば無電解ニッケルが可能です。
しかし、大きさに制限がございます(弊社の場合)

> 今、取引しているメッキ業者は電解メッキの精度につ
> いて±2μmは見ておいてほしいとのことですが、
> 完成品の包装する時、重量による個数測定をしますので、
> メッキ厚がこれだけばらつきますと、個数精度が確保
> できません。

製品の大きさ、形状(図面でも大丈夫です)、めっき
厚をお教えくださいませ。

詳細をお伺いしてからのお返事となります。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP