めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

▼銅上への無電解ニッケルめっき処理の下地処理について。

鋼上に無電解ニッケルめっき処理→熱処理300℃を
検討していますが、もし、無電解ニッケルめっき皮膜に
傷がつき、鋼が露出した場合の耐食性も要求されています。

下地処理として、何か良い処理はありますか?
亜鉛メッキ加工のような、犠牲防食作用が望ま
しいです。

出来れば、表面粗れを起こさないものが良いです。

誠に残念ながら上記のような処理はございません。
亜鉛めっき加工処理は、「酸性」「アルカリ性」に溶解
するためでございます。

以下のようなめっき層を重ねることは可能です。

 1.銅めっき→無電解ニッケルめっき処理
 2.無電解ニッケルめっき処理→無電解ニッケル(異なるタイプの) 
 3.無電解ニッケルめっき処理→ニッケルめっき処理

いろんなめっきを試作されてご評価頂くのが、宜しい
かと思いますのでご相談くださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP