めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

アルマイト加工処理と無電解ニッケルメッキ加工処理の違いとは。

アルミ鋳物AC4Cに無電解ニッケルめっき加工処理を
してほしいというユーザーからの依頼があったのですが
経験がありません。

そこで無電解ニッケルめっき加工処理とアルマイト加工処理
(白アルマイト加工処理)との違いを教えてください。

処理方法の違いはわかったのですが、耐食性、耐磨耗性、
装飾的効果、コスト、その他に差がありましたらお教え下さい。

他のめっき加工業者に確認をしたのですが、あまりいい答えを
得ることが出来ませんでしたので宜しくお願い申し上げます。


耐食性...ご使用の環境によってことなります。
アルカリ性の雰囲気ですと、アルマイト皮膜は溶解します。
耐薬品性は、無電解ニッケル皮膜のほうが優位です。

耐摩耗性...無電解ニッケル皮膜の方が硬度が高いので
優位です。

装飾効果...アルマイト加工処理は着色することが出来ますの
で赤や青色などを処理することが出来ます。
白アルマイトのままですと、アルミ素材と同じような
色合いです。

無電解ニッケル加工処理は、ニッケル色(ステンレス調)の
色合いになります。

価格...一般的には、無電解ニッケル加工処理の方が高価です。

その他...アルマイトは、絶縁皮膜ですが、無電解ニッケルは
導電性がございます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP