めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

メッキ加工処理における表面処理特性について。

以下の事項についてお教えくださいませ。

1.有機酸塩+有機アミン+腐食剤+防腐剤+水の混合
  クーラント(アルカリ性、ph9.3(2%希釈液)、
  水溶性)に対しての無電解ニッケルメッキの防錆性

2.寸法精度を有する加工品(材質SS400仕上鋼・
  S45C仕上鋼)に最も適している表面処理で且つ
  1に記載した混合クーラント(湿度60%環境下)に
  耐えうる表面処理方法

3.無電解ニッケルメッキ処理と黒クロメート処理を比
  較した場合、装飾・防錆・耐磨耗性に優れている表
  面処理方法

4.アルミニウム(材質A5052)にアルマイト処理し
  た場合と無電解ニッケルメッキ処理した場合での耐
  食性・耐磨耗性に優れている表面処理方法

以上ですが宜しく御願い致します。

番号の順番にお返事させて頂きます。

 【1.に関しまして】
  誠に残念ながら、御社の条件下によるデータは保有
  しておりませんのでテストピースを作成して御社に
  てご評価頂くことになります。
  材質は、どのようなものになりますでしょうか?
  また、ご使用環境下もお知らせくださいませ。
 
 【2.に関しまして】
  寸法精度を維持する目的ですと、無電解系の皮膜と
  なります。
  弊社では、無電解系の皮膜は数種類保有しておりま
  すので、それらのテストピースを用意し御社にてご
  評価頂くことになります。
  
 【3.に関しまして】
  無電解ニッケルめっきのほうが、すべて優れます。

 【4.に関しまして】
  耐食性ですが、普通のアルマイト処理で無電解ニッ
  ケルめっきと同等のめっき厚の場合ですとご使用環
  境にもよりますが、同等の可能性が高いです。
  アルカリの環境下ですと、無電解ニッケルめっきが
  宜しいかと思います。

  耐摩耗性でございますと、無電解ニッケルめっきが
  宜しいかと思います。
  アルマイト処理も硬質アルマイト処理にするのであ
  れば、無電解ニッケルめっきと同等になります。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★アルマイト加工処理のページはこちらから。
★硬質アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP