めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

■鋼材へのメッキ加工で900℃の耐熱性があるめっき処理とは?

SK5,SAPH,S45C等にめっき処理を施した後、

・900℃で1時間超加熱処理したときに溶けずに残留する
・屋外使用で鋼材を5年程度防錆でき得る

という条件を満足するめっき金属およびめっき処理方法
をご存知であれば教えていただければと思います。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


工業用のめっき処理ですと

 硬質クロムめっき処理

になります。

皮膜自体は、溶解しませんが、素材が900℃の加熱で
歪み等を発生し内部応力の関係で、硬質クロムめっき
皮膜が剥離する危険性がございます。

試作処理を実施して頂き、900℃の雰囲気でご評価
頂ければと思います。

また、屋外使用で5年となりますと、

 1.めっき処理を厚くする。
 2.何層かのめっき処理を重ねる(下地にニッケル
   めっきなど)。
 3.溶融亜鉛めっきなどをする(弊社では出来ません)。

を考える必要がございます。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP