めっきQ&A


溶融亜鉛めっきに代わるめっきについて

溶融亜鉛めっきを施したボルト・ナットを
Max.350℃で使用しても問題ないでしょうか。

上記使用条件下で溶融亜鉛めっきに変わる
めっき処理があれば教示下さい。

350℃では、亜鉛金属ですのが剥離いたします。

その他のめっきですと、ニッケルめっきが宜しいかと
思います。

ただし、溶融亜鉛めっきは耐食性が非常に高い皮膜です
ので、耐食性を考えますと、ダクロタイズド処理が
宜しいかと思います。

ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP