めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

ニッケルメッキ加工処理の相性で鉄と銅めっきの相性とは。

SPCCの板にニッケルメッキ加工処理をしましたら
サビが発生いたしました。

銅メッキをしてからニッケルメッキ加工処理を施しを
考えていますが、鉄と下地の銅の相性はいかがでしょ
うか。

防錆効果はあるでしょうか。

またピンホールの発生を抑えることが可能でしょうか。
どのようにしたらピンホールがなくなるでしょうか。

製品の巣穴からのピンホールであれば、「銅めっき」
にて発生を完全に抑える事は出来ません。

以下の手法でめっき厚を厚く処理出来れば「巣穴」を埋
めることが出来る可能性はございます。

 バフ→ニッケルめっき→銅めっき(厚め)→バフ

また、文献上では、「銅めっき」を下地に入れる事で
耐食性が上がると言われておりましたが、現在はニッケ
ルめっき単独の方が耐食性が良好であるとも言われてお
ります。

弊社のデータですと、「下地に銅めっき」を処理したほ
うが耐食性は向上しております。

ピンホールを抑える方法としましては、複数の皮膜を
重ねる事が有効です。

一般的な流れですと・・・

 半光沢ニッケル → 光沢ニッケル
 銅めっき → ニッケルめっき

となります。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP