めっきQ&A


1950年代のバイクに最適なめっきは?

1950年代のバイクに最適なめっきはどのような
処理でしょうか?

材質を鉄と限定した場合、

 バフ→ニッケルめっき→銅めっき→バフ
 →クロムメッキ

のような感じで処理をすれば鏡面で耐食性の強いめっき
が可能です。

現状めっきが残っているようであれば一旦、剥離し、
素材をバフ研磨いたします。

一番の問題は、現状のめっき剥離した時点で、素材が腐食
していないかどうか?ということです。

腐食の影響で素材に「穴」が空いている可能性がござい
ます。

めっき後に「TOPコート(クリア塗装)」が出来ると長持
ちをいたします。(弊社では対応出来ませんが)

クロムメッキのページはこちらから
バフ研磨のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP