めっき専門用語

ウイスカ

ウィスカは、結晶表面からその外側に向けて髭状に成長した
結晶である。

ウイスカー、mホイスカー、猫のヒゲ、ヒゲ結晶ともいう。

結晶の表面付近に圧縮応力が発生すると、その応力を緩和しよう
として新たな結晶がもとの結晶の外側に向けて成長する。

結晶成長の起点が小さく、連続的に成長し続ける傾向を持つことから
非常に細長い髭状の単結晶が形成される。

1μm 程度の直径に対して1mm以上の長さに達したものは
ウィスカー繊維と呼ばれ、アスベスト代替繊稚として断熱材
などに用いられる人造結晶質繊維となる。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP