メッキ専門用語

めっき(メッキ)

語源は定かではありませんが、「かさねがね」またはアマルガムを
塗布する方法で金が水銀中に消える「滅金」からきているとも
いわれています。

被めっき物の表面の状態を改善するために、別の金属の薄膜で
被覆する操作をめっきといいます。

他の金属を重ねて圧延して貼り合わせる操作は、クラッドといい
めっきとは区別します。
西洋ではローマ時代、東洋では前漢の頃から行われていたようです。
日本では5世紀頃、中国から技術が伝わり東大寺の仏像その他に
金めっきが施されています。

古代のめっきはアマルガムを塗って水銀を蒸発させる方法や箔を
熱で固着させる金めっき法に限られていました。
今日のめっきは主として防食と装飾用で発展してきたが、その後、
機能めっきが多くなり、潤滑、表面硬化、肉盛り、電子部品製造や
その他各種用途にめっきが活用されています。

めっき出来る金属も多くなり、各種方法によってほとんどの金属や
がめっきできるようになり、また単一の金属だけではなく合金の
めっきや非金属との複合めっきも行われています。
方法は電気(電解)めっき、無電解めっき(化学めっき)、溶融(浸漬)
めっき、溶射、真空めっき、気相めっきなどが、目的、用途に応じて
使われています。

plating

テフロン無電解ニッケルメッキのページはこちらから
黒染メッキ(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質クロムメッキのページはこちらから 
亜鉛メッキのページはこちらから
無電解ニッケルメッキのページはこちらから
クロムメッキのページはこちらから
ニッケルメッキのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP