めっき専門用語

六価クロム

クロムの化合物のうち、酸化数が +6 の Cr(VI)
を含むものの総称。

単体のクロムは安定した極めて錆びにくい無害の金属で、
鉄との合金がステンレスとして広く利用されてる。
クロムの化合物を価数で分類したとき、Cr(VI) 化合物が
一般に「六価クロム」と呼ばれている。

クロムは地球上の土中にクロム単体または三価クロムの形で
広く存在している。
六価クロムは極めて強い毒性を持つ。
代表的な六価クロムの二クロム酸カリウムの致死量は約0.5~1g。
六価クロムは非常に強い酸化能力を持つ不安定な物質で、有機物と
接触するとその有機物を酸化して、自身は三価クロムに変わる性質があり、
六価クロムの強い毒性はこの性質に由来するものである。
自然界に通常は存在しないのもこのためである。

毒性は、強い酸化作用から、六価クロムが皮膚や粘膜に付着した
状態で放置すると、皮膚炎や腫瘍の原因になり、汚染された井戸水
を飲むと、嘔吐を引き起こす。

亜鉛めっきのページはこちらから
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP