メッキ専門用語

6015 陽極酸化皮膜の封孔処理

陽極酸化皮膜の封孔処理とは、陽極酸化によって生成した
多孔性皮膜の孔を封じ、耐汚染性、耐食性などの物理的
化学的性質を改善する処理の総称です。

封孔処理は以下の方法で行われます。

・加圧蒸気封孔:
アルマイト処理後、十分に水洗いした後、耐圧高圧容器内に入れ、
3~5気圧の蒸気を送り、20~30分間保ち、微細孔を封じます。

・沸騰水封孔:
アルマイト処理後、十分に水洗いした後、純水を95~100℃の
加熱水浴中に30分間保ち、微細孔を封じます。

・酢酸ニッケル添加封孔:
酢酸ニッケルの水溶液中で処理します。温度は95℃以上にて
10~20分間保持し、微細孔を封じます。

sealing of anodic oxide coating

引用元:JIS 金属表面処理 2023

アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP