メッキ専門用語

6034 ショットピーニング

ショットピーニングとは、球状微物(ショット)を鋼材の表面に噴射し、
表面層に残留圧縮応力を生じさせ、かつ、加工硬化させながらあるる程度の
仕上げ度を保持させる方法のことです。

機械工作における噴射加工の一種で、無数の鋼鉄あるいは非鉄金属の小さな
球体を高速で金属表面に衝突させることで、塑性変形による加工硬化、
圧縮残留応力の付与を図る処理のことです。

shot peening

引用元:JIS 金属表面処理 2023
    Wikipedia

お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP