メッキ専門用語

5003 応力除去

応力除去とは、適切な温度に加熱保持して、めっき皮膜及び素地金属の
残留応力を減少させる操作のことです。

材料が加工されたり、熱処理を受けたりする際に、内部応力が発生する
ことがあります。
これらの応力を取り除くことで、材料の変形や破壊を防ぎ、安定性を
向上させます。

stress relief

引用元:JIS 金属表面処理 2023

お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP