めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理後のベーキング処理時の硬度について。

無電解ニッケルめっき処理においてベーキング処理を
行った場合、処理温度と硬さの関係は如何なのでしょうか?
(何℃で処理すると○Hvというような基準はありますか?)

また,無電解ニッケルめっき処理においてベーキング処理を
行うと硬化層はめっき層のみなのでしょうか?

素材もある程度の深さは熱が入るので硬くなるのでしょうか?

使用いたします無電解ニッケルのメーカー等によって
異なると思いますが文献等では

200℃1時間:Hv600前後
300℃1時間:Hv800前後
400℃1時間:Hv1000前後

とございます。
しかし、300℃以上ですと変色も発生いたします。
一般的には300℃で処理することが多いです。

めっきの皮膜が薄ければ素材もある程度、硬くなる
可能性はあると思います。
20μm厚以上のめっき厚ですとめっき層のみが硬くなる
可能性が高いと思います。
上記は文献等、弊社の事例でも計測したことが
ございませんのであくまで憶測でございますので
ご了承くださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP