めっきQ&A


硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきとの相性は?

硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきの組合せで
摺動させている部分が、300回ぐらい動かすと渋くなって
しまいます。

硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきで摺動させる
には相性が悪いのでしょうか?

また、摺動に使用する場合で、相性が良いめっきがありましたら、
お教え願います。

渋くなるというのは、滑り性が悪くなると捉えれば
よろしいのでしょうか?

硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきの膜厚や、摺動の
条件が分かりませんが、高圧力が加わっている状態で摺動する
のでしたら、硬質クロムめっきより硬度の低い無電解ニッケルめっき
が摩耗して損失し、滑り性が低下する可能性はあるかと思われます。

無電解ニッケルめっきを熱処理していないようでしたら、
尚更のことと思われます。

また、硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきの
膜厚差が大きいようでしたら、摺動を繰り返すうちに、
どちらかが磨り減ってしまう可能性はあるかと思われます。

硬質クロムめっき・・・Hv800〜1000
無電解ニッケルめっき・・・Hv450〜550
※1(熱処理後 Hv800〜1000 ※2)

※1 無電解ニッケルめっき液の種類によって異なります
※2 無電解ニッケルめっき液の種類及び、熱処理条件によって
   異なります

硬質クロムめっきのページはこちらから
無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP