めっきQ&A


400℃の環境における無電解ニッケルめっきの表面変化について

御社のHPに無電解ニッケルめっき後の熱処理が400℃で
硬度がピークになるようですが、表面の何が変化しているの
でしょうか。

また、400℃以上だと何が起こり、硬度が低下するのでしょうか。


熱処理により次のような変化が起こります。

非晶質のNi-P皮膜は、260℃付近から結晶質の
NiとNi3-Pの混合した皮膜へと変化し、400℃を超えると
再結晶や結晶粒の増大により硬さが低下すると考えられて
おります。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP