めっきQ&A


焼入れ等で金属表面が焼けた製品への無電解ニッケルめっきについて

焼入れ等で金属表面が焼けた状態で無電解ニッケルめっきをした場合、
表面にめっきがしにくく、時間経過とともに錆び状のものが発生します。

通常どのように表面処理をすればめっきが綺麗に処理出来るのでしょうか?

金属は、どのようなものでしょうか?

鉄材であれば、梨地処理を実施してからであれば
無電解ニッケルめっきは可能です。

また、梨地処理ではなくニッケルストライクめっきを
実施してからのめっきも可能性としてございます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP