めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

めっき加工処理により低摩擦、耐摩耗性の向上について。

めっき加工処理により低摩擦、耐摩耗性の向上が可能ですか?
めっき加工処理としては、硬質クロムめっき加工処理を
希望しております。

材質は現時点は決定しておりません。

また、他のめっき加工処理でお奨めがございましたら
お教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムめっきは、低摩擦、耐摩耗性の優れた
「めっき法」として普及している。無電解ニッケルー
リンめっきは、熱処理にてより未処理のものより2倍の
ビッカース硬さHv1000程度で、耐摩耗性皮膜として
精密部品への用途が拡大している。

初期なじみ性、潤滑性の改善として鉛ーすず、
鉛ーすずーアンチモン、鉛ーインジュウムめっき皮膜
が用いられる。

ニッケル、クロム、銅めっき皮膜中に酸化物、窒化物、
炭化物等の硬質物質粒子を分散した複合めっきは
耐摩耗性改善に、黒鉛、フッ化黒鉛二硫化モリブデン、
窒化ボロンを分散した複合めっき皮膜は、潤滑性
特性改善皮膜として関心が高まっている。

テフロン無電解ニッケルめっきのようにPTFEを分散
させた複合皮膜はめっきの無いものより摩耗が少なく、
相手材摩耗をも制御する効果がみられる。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。
★テフロン無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP