めっきQ&A


亜鉛めっき後のクロメート処理で膜厚はどう変化するのか?

電気亜鉛めっき後のクロメート処理には種類が
ございますが、亜鉛皮膜の膜厚でクロメートの膜厚は
どのように変化するのでしょうか?

電気亜鉛めっきの膜厚範囲ですが、下記のように
各種クロメートを含めた厚みにて決められております。
(詳細はJIS規格 H 8625)

光沢クロメートをする場合・・・5〜8μm厚程度
有色クロメートをする場合・・・5〜8μm厚程度
黒色クロメート・・・8〜10μm厚程度

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP