めっきQ&A


クロメート皮膜と三価クロム化成皮膜による耐食性の違い

クロメート皮膜と三価クロム化成皮膜による耐食性の
違いについて教えてください。

鉄と亜鉛の酸化還元電位は、-0.44V〜-0.76である。
電位の卑な亜鉛が鉄より腐食しやすく亜鉛が腐食することに
より鉄上のピンホールをふさぐ。

したがって亜鉛めっきが厚いほど耐食性が良いことになる。

亜鉛めっきにクロメート処理を施しているのは、腐食しやすい
亜鉛を腐食しにくくするためである。

クロメート皮膜も三価クロム化成皮膜であるのであ
耐食性の違いはない。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP