めっきQ&A


溶融亜鉛めっきと電気亜鉛めっきの使い分けについて

溶融亜鉛めっきと電気亜鉛めっきの違いについて
教えてください。

亜鉛めっきには各種の方法があり、それぞれの目的や特性、
コストなどを考慮し選択されています。

電気めっき法のメカニズムをミクロ的な見方をすると、
水溶液中の金属イオンを電気エネルギーによって一つ
一つ金属を変えて、物の表面にめっき金属を超高速で積み
重ねていく原子レベルでの成膜加工技術であると言えます。

従って、厚膜化が不利で、比較的薄い亜鉛めっきの厚さ
と亜鉛めっきの腐食を防ぐクロメート皮膜との組み合わせで
耐食性を発揮します。

更に、耐食性の向上を図るため、各種のクロメート皮膜や
高耐食性亜鉛合金めっきの開発など行われ自動車部品を
中心に採用されています。

一方、溶融めっき法は、被めっき物を溶融金属中に浸漬し
て、被めっき物表面に溶融金属を付着させ、冷却して金属
を被覆する方法であり、厚膜化が可能です。

厚さは、一般に亜鉛鉄板で8〜20μm、構造物で75〜125μm
程度です。

防錆めっきである、亜鉛めっきの防錆機構は、犠牲防食
作用(亜鉛が腐食することによって鉄の錆の発生を防ぐ)
であるため、長期間に渡って防錆力を保つにはめっき厚さ
が厚ければ厚い法が良いことになり、手法上からめっき厚さを
十分に確保出来る溶融亜鉛めっきが有利となります。

従って、溶融亜鉛めっきは、主に、重量物や屋外の構造物
(橋、鉄塔、外壁、建築部材など)などに亜鉛めっきは
単独又は塗装との組み合わせによる重防食を行う必要が
あるものに適用されます。

逆に数10μm以下の場合には、クロメート皮膜の防錆力が
付加された電気亜鉛めっきの方が有利です。

このように、めっき法の基本的な手法や原理からくる適用
や限界、皮膜の性膣等に違いが生じることから、単純に
防錆力の比較は出来きず、防錆めっきの利用目的によって
溶融亜鉛めっきと電気亜鉛めっきとの使い分け方をするこ
とが肝心です。

JIS H 8614 溶融亜鉛めっきの解説の項に、亜鉛めっきの
付着量と推定対数年数との関係が暴露環境別に提示されて
いる。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP