めっきQ&A


●テフロン無電解ニッケルめっき処理の耐食性について。

テフロン無電解ニッケルめっき処理を施した金型を
水酸化カリウム20%水溶液で洗浄した場合、問題有りません
でしょうか?

現在は、何もめっき処理をされていない金型を洗浄だけしているの
ですが、時間がかかってしまっております。

そこで、離型性がある、テフロン無電解ニッケルめっき処理
にて解決出来ないか考えております。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

テフロン無電解ニッケルめっき処理の皮膜は、苛性アルカリ
に対しては優れた耐食性をもっています。
(テフロンは、めっき設備やヒーター等にも使用されて
います)

従いまして、テフロン無電解ニッケルめっき処理した製品を
水酸化カリウム溶液で洗浄しても、外観が変化したり腐食したり
する事はありません。
(当社のテストピースを20%-水酸化カリウム溶液に30分
浸漬してみましたが、外観の変化はありませんでした)

テフロン無電解ニッケルめっき処理にもテフロンの含有率を
変化させるタイプもございますので、それぞれで御社にて
試験評価されることをお奨めいたします。

★テフロン無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP