めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

テフロン無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

●PTFE無電解ニッケルめっき処理の実態表面状態について。

PTFE無電解ニッケルめっき処理の耐性に関してですが、
現在ゴム成形金型に対して検討しています。

その中で 金型表面の汚れの洗浄方法として 苛性ソーダ系の
洗浄や溶剤浸漬、くるみ粉末でのブラスト洗浄を検討しています。

アルカリ洗浄・溶剤浸漬での離型性低下は大きく有りませんが
くるみ粉体でのブラスト洗浄で離型性が大きく低下します。

そこで SEMや蛍光X線等で表層の解析を実施しましたが
PTFEの表面残り状況が確認できません(NiやPの構成比は
確認可能)。ラマン系の分析機器での測定をする事で
PTFEの存在は確認できると思いますが、表層のニッケルと
PTFEの構成比の変化(定性)はどのようにすれば確認できる
のでしょうか?

表層のPTFE解析と言うことですので一般的にあまり
行われておりませんが、金属顕微鏡等でPTFEの存在を
確認することは可能です。

また、PTFEの存在により純水の接触角度(表層にP
TFEが存在すれば高い数値・存在が少なければ低い数
値)が異なりますのでそれを目安にされてもいいかと思
われます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★テフロン無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP