めっきQ&A


食品機械関連へのめっきで硬度と摺動性を向上させたい場合

SUS304に何某かのめっきを考えています。

目的としては

1.表面を硬度を上げたい。
2.摺動性の向上(摩擦係数を出来る限り少なくする)。

と大きくは2つです。

現在、シャフトにSUS304を使用していますが、
パッキンからの液漏れが頻繁に起こっているために
めっきにて問題解決をしたいと考えています。

弊社の機械は食品機械関連ですので食品に向かないような
めっきは、使用することが出来ません。

どのようなめっきが宜しいでしょうか?

硬度と摺動性を向上させたい場合には
下記のめっきが適しております。

めっき前後にバフ研磨を行い

1.硬質クロムめっき
2.無電解ニッケルめっき系のめっき  
  →ベーキング処理

を行います。

上記のめっきは、食品衛生法をクリアしてます。
ただし、基本的に金属ですので剥離して食品に混入する
した場合の人体に対する影響については保証することが
出来ません。

一度試作処理にて摺動性をまずはご確認くださいませ。

硬質クロムめっきのページはこちらから
テフロン無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP