めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

亜鉛メッキ後の塗装について。

SPCC材に亜鉛メッキのみをした部材と、ZDC-2
(亜鉛ダイカスト)の部材をカシメてからバレル研磨後に
吹きつけ塗装をしているのですが、亜鉛メッキ後にバレル
研磨してもメッキが剥がれないものでしょうか?

また、当初は亜鉛メッキ後にクロメートメッキをした後に
塗装をしていたのですが、塗装がのりにくいといわれたの
ですが本当でしょうか。

剥がれてしまうと思います。使用する研磨材にもよる
かもしれませんが。

先にバレル研磨した後に亜鉛メッキをされるのであれば
問題ございません。

基本的には、クロメート処理されている方が塗装の
下地には適しております。
他の要因(塗装工程の問題)があるように思えます。
クロメート処理でも塗装を後処理工程でされるのであれば

 「有色クロメート」

を選択されるのが宜しいかと思います。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP