めっきQ&A


亜鉛めっき後の塗装について

SPCC材に亜鉛めっきのみをした部材と、ZDC-2
(亜鉛ダイカスト)の部材をカシメてからバレル研磨後に
吹きつけ塗装をしているのですが、亜鉛めっき後にバレル
研磨してもメッキが剥がれないものでしょうか?

また、当初は亜鉛めっき後にクロメートメッキをした後、
塗装をしていたのですが、塗装がのりにくいといわれたの
ですが本当でしょうか。

バレル研磨を使用しますと剥がれます。
使用する研磨材にもよるかもしれませんが。

先にバレル研磨した後に亜鉛めっきをされるので
あれば問題ございません。

基本的には、クロメート処理されている方が塗装の
下地には適しております。
他の要因(塗装工程の問題)があるように思えます。
クロメート処理でも塗装を後処理工程でされるのであれば

 「有色クロメート」

を選択されるのが宜しいかと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP